出雲うまいもの市場
こんにちは ゲスト さん
マイページ新規会員登録
手巻き出雲そばセット
手巻き出雲そばセット
     
■商品名( 商品番号:1106604 )
手巻き出雲そばセット
■規格
出雲そば80g×4袋、お茶そば80g×4袋、びんつゆ300ml×1本

乾麺
■賞味期限
常温1年
■価格(消費税・送料込み)
■数量  

※お客様のご都合による商品の返品はできません。
詳しくはこちらをご覧ください。

そば一本一本を包丁で切り、一つ一つを職人が手巻き状に仕上げた手作り感のあるそばセットです。

 

 


 

 

 


冷風にてじっくり乾燥させることで、麺にコシを出し、そばの風味を凝縮させました。また、 一本一本「庖丁切り」にすることで、麺の微妙なふぞろい感がでて、「味」のあるそば に仕上げました。
出雲そばと茶そばの2種類の味が楽しめます!出雲のお土産・ご進物に最適です。(送料税込) 
 

 

 

 

 

 

手巻き包丁切り出雲そばの製造工程


 
“圓立て   当社では、低温倉庫にて保管した「そばの実」を、その日使用する分だけ製粉します。 その為、いつも、「挽きたて」。良質な原料を使っても挽きたてでなければ、そばの旨み、香りが逃げてしまいます。  


 
完全混合   当社では、ミキシングに使用する 「真空ミキサー」で、粉の中の余分な空気を抜き取りながら、原料をしっかりと混ぜ合わせ、ムラのない均一な麺に仕上げます。


 
J澗里ら固体へ   ミキシングが終わると、そばは「麺魂」という3cm〜6cmくらいの魂となり、ここから複合(捏ねる)に入っていきます。


ぅ好蹇爾憤砧蓮  圧延工程。三段階でじっくり、ゆっくり。徐々に生地を延ばしていく。 そしてロール状の形に巻いていく。 ※ロール状巻き取った麺の事を麺帯という。


ヌ佑鮨欧す   巻き取られた麺帯に、ビニールをかぶせ、麺帯のまま、ひとまず寝かします。この熟成により、麺の旨み、コシがうまれるのです。


 
 

κ饕切   熟成させた麺帯を、シート型に切手いき、さらに、そばを一本一本包丁切り機にて、「そば切り」を行います。鋭い刃が高速で上下に動き、微妙な不揃い感も出るので、「味」のあるそばに仕上がります。


 
Э人の技「手巻き」   包丁切した後、そばを計量し、一本一本 「手巻き」作業に入ります。手のひらの上でゆっくりと、「の」の字を描いていく。「そばの美味しさを視覚でも楽しんでもらいたい。」職人一人一人の願いを込めて手作りにて仕上げます。



美味しさの秘密「寒作り」   手巻きの状態でそばを網にのせ、そのまま乾燥室の棚に差し込んでいきます。当社では、棚式低温熟成乾燥法(当社特許)にて、時間をかけ、じっくりと乾燥させております。麺にコシを与え、そばの風味を凝縮させることができる乾燥法です。

 

安心・安全な麺作り
乾燥を終えたそばは、袋詰め、箱詰め等の作業に入りますが、全ての工程において、作業員や、機械での厳しいチェックを通り、商品一つ一つ細心の注意を払いお客さまへお届け致しております。  

出雲そばとは


 「出雲そば」は、玄そば(そばの殻付き)の挽きぐるみのそば粉を使用することにより、麺の色が黒いそばです。

そば粉は殻をとったそばの実を、中心から外側に向かって製粉します。場所によって一番粉から四番粉に分類され、そばの実の中心に近いほど色は白く、どの場所の粉を使うかで色、香り、食感が変わってきます。

出雲そばでは粉の選別をしません。玄そばのまま製粉する一本挽き製粉(挽きぐるみ)で行います。 つまり、殻ごと製粉したそばです。   そば殻には、タンパク質、ビタミン、ミネラル等の栄養素が豊富に含まれています。麺が黒くコシがあり、香りが高く、栄養価にも優れているのが特徴 です。

近年では、そばには動脈硬化予防に効果があると言われている栄養成分の「ルチン」が多く含まれている為、健康食として重宝されております。   

 

 

出雲たかはしの麺へのこだわり

厳選した安心・安全で良質の素材を使用し、素材の持っている美味しさを最大限に引き出すよう加工しております。又、地元の特産品などを活かし、もっと「島根を麺に込めた商品」を作っていきたいと願っております。山紫水明の郷奥出雲地方は、中国山地を源流として宍道湖、中海、日本海へと流れる斐伊川を舞台とした伝説、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)は今でも出雲神話として伝えられています。出雲たかはしでは、その太古の昔の浪漫を秘めた奥出雲より湧き出る天然水を使用して麺を捏ね上げております
 
 


■出雲そばの商品一覧

■一緒にこんな商品もいかがですか?
ページの先頭へ
【運営・管理】株式会社 一畑百貨店 〒690‐8555 島根県松江市朝日町661番地 TEL 0120‐985‐141 Copyright(C)Ichibata Group All right Reserved.